トラブル解決

複合機

オフィスの電子化が進んでいるとはいえ、まだまだ会議などで紙の資料を使っている会社は多数あります。コピー機は仕事の上で、なくてはならない事務機器のひとつとなっています。

Read More...

リサイクルでお得

インク

かつて、プリンタに使用するトナーはメーカー純正の正規トナーを使用するしか無く、いくら効果でも純正品を購入するしか無かったのです。しかし、リサイクルトナーが登場したことによって流れが変わってきました。

Read More...

コピー機の修理

オフィス

精密機械であるコピー機は故障してしまう場合もあるので故障した時に修理を行なってくれる業者を慎重に選ぶ必要があります。そのような際には料金やサービス内容なども比較してから選びましょう。

Read More...

コスト削減

コピー機

画質の違いが気にならない人向けの互換トナー

プリンタの印刷画質にこだわる人からすれば、プリンタにセットするトナーはメーカー純正の正規品以外考えられないでしょう。そのプリンタが想定している画質を再現するにはやはり正規トナーしかないのは事実です。しかし、誰もがそこまで些細な画質の違いにこだわるわけではありません。特に仕事でokiのプリンタを使用する企業など、カラーの画質にはそれほどこだわることは少ないでしょう。それこそ、デザインや広告関連の企業ならば画質にこだわらなければならないかも知れませんが、一般の企業ではほとんどの書類は白黒のモノクロ印刷、画質の違いも何も無い用途ばかりです。okiのプリンタでの印刷に画質を求めない業務に利用するならば、高価な正規トナーよりも格段に安い互換トナーでコストカットしたほうが良いでしょう。

利用者は必ずしも画質を求めてはいない

プリンタの発展の歴史は画質の向上にあると言っても良いでしょう。プリンタ業界は常に印刷の画質を求め、1つの紙に印刷できる画素の多さを常に追求してきました。しかし、実際にokiのプリンタを利用する人の誰もがそれほどの画素を持った高解像度を求めているわけではありません。印刷する対象が写真や画像でも無い限り、解像度の多少の違いなどほとんど影響しない業務がほとんどなのです。そうした利用客の場合、正規トナーを使用しては宝の持ち腐れとなります。書類ばかりでモノクロ印刷しかしない、もしくは添付の画像や写真も色や形が判別できれば良いという業務に使用するならば、より安価な互換トナーで十分です。さらにいえば、互換トナーといっても実際に画質が正規トナーとそれほど明確に差があるわけではありません。それこそ、専門のプロの目で見なければ分からないような些細な画質の違いしか無いのが、現在の互換トナーの品質なのです。okiのプリンタで書類を印刷するならば、断然互換トナーがお勧めとなります。また、トナーだけでなく複合機なども比較して購入すると良い機器を購入できます。